サイトロゴ:川崎浮世絵ギャラリー 〜斎藤文夫コレクション〜

メニューを開く

現在開催中Current Being Held

発行135年記念展 月岡芳年「月百姿」 
 月にまつわる物語や説話を題材とした「月百姿」は、幕末・明治期を代表する浮世絵師である月岡芳年(1839〜92)の最晩年の代表作です。
 「月百姿」は月をテーマとしながらも、戦国武将や美女など歴史上の人物をはじめ、妖怪や幽霊、動物達も登場し、また謡曲から得た題材も多く描かれるなど変化に富む作品です。12歳で武者絵を得意とする歌川国芳に入門した芳年には、初期の凄惨な「血みどろ絵」のイメージも強くありますが、その生涯を通じて武者絵、歴史画、美人画、新聞錦絵など多彩な画業を残しました。浮世絵の衰退期と言われる激動の時代にその可能性を追求し続け、最も成功した絵師でもあります。
 明治5年(1872)頃神経衰弱を患った後に「大蘇」の号を名乗り、晩年に到達したのは張りつめた緊張感が漂う、妖しくも静謐な世界でした。
 本展では前期・後期に分けて芳年の「月百姿」を一挙公開いたします。この秋の美しい月とともに、芳年が最後に描いた世界をご覧ください。
会期
前期 8月22日(土)~9月13日(日)
後期 9月19日(土)~10月18日(日)
開館時間
11:00~18:30(入館18:15まで)
観覧料
一般 500円
※高校生以下 障がい者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
くわしく見る

お知らせNews&Topics

次回展覧会のお知らせ

「月岡芳年 月百姿 発行135年記念」展 前期 8月22日(土)~9月13日(日) 後期 9月19日(土)~10月18日(日)  

詳しく見る>>

今後の展覧会のお知らせ

12月までの展覧会予定が決まりましたのでお知らせいたします。 なお8月9日(日)と9月6日(日)は、ビルメンテナンスのため休館日となり、 8月11日(火)は振替休日のため休館日となります。…

詳しく見る>>
お知らせ一覧

TEL:044-280-9511

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバーク3階

ロゴ:神奈川県文化プログラム MAGCUL マグカル

この事業は、神奈川県のマグカル推進事業補助金を受けて実施しています

WEBアクセシビリティ試験結果
ページの上部へ移動する