サイトロゴ:川崎浮世絵ギャラリー 〜斎藤文夫コレクション〜

メニューを開く

現在開催中Current Being Held

黄金期の浮世絵師たち 〜清長、歌麿、写楽に豊国も〜(前期)
多くの実力派絵師が多彩に活躍した18世紀後半。なかでも天明(1781~89)から寛政(1789~1801)にかけての約20年間は、のちに「浮世絵の黄金期」と称されるようになりました。大都市江戸の町人文化の隆盛とともに、浮世絵が大衆芸術として展開した最も華やかなりし頃。天明期に健康的な八頭身美人の群像を描いて一世を風靡した鳥居清長(1752~1815)、続く寛政期に版元の蔦屋重三郎(1750〜97)と組み、美人大首絵で名を馳せた喜多川歌麿(?~1806)、さらに役者大首絵を制作した勝川春章(1743~92)、東洲斎写楽(生没年不詳)、歌川豊国(1769~1825)らの代表作、約110点をお楽しみください。
会期
前期◇2月6日(土)〜3月7日(日)
後期◇3月13日(土)〜4月4日(日)
開館時間
11:00~18:30 (入館18:15まで)
観覧料
入館料 一般500円 高校生以下 無料 
※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
くわしく見る

お知らせNews&Topics

2月21日(日)は全館休館いたします

「黄金期の浮世絵師たち」前期展会期中の2月21日(日)は、ビルメンテナンスのため全館休館いたします。 ご来館を予定されているお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申…

詳しく見る>>

次回展覧会のお知らせ

多くの実力派絵師が多彩に活躍した18世紀後半。なかでも天明(1781~89)から寛政(1789~1801)にかけての約20年間は、のちに「浮世…

詳しく見る>>
お知らせ一覧

TEL:044-280-9511

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバーク3階

ロゴ:神奈川県文化プログラム MAGCUL マグカル

この事業は、神奈川県のマグカル推進事業補助金を受けて実施しています

WEBアクセシビリティ試験結果
ページの上部へ移動する