サイトロゴ:川崎浮世絵ギャラリー 〜斎藤文夫コレクション〜

メニューを開く

2021年展覧会スケジュールのお知らせ

川崎浮世絵ギャラリーの2021年の展覧会スケジュールをお知らせします。


2020.1月~12月

「新春浮世絵展」
1月5日(火)~1月31日(日)

「黄金期の浮世絵師たち~歌麿、写楽に豊国も~」
2月6日(土)~3月7日(日)【前期】
3月13日(土)~4月4日(日)【後期】

「幕末明治の奇才・河鍋暁斎展」
4月10日(土)~5月9日(日)

「川瀬巴水と新版画」
5月15日(土)~6月6日(日)

「広重~六十余州名所図会」
6月12日(土)~7月4日(日)

「世界の大北斎展」
7月10日(土)~8月8日(日)【前期】
8月14日(土)~9月12日(日)【後期】

「国芳没後160周年」
9月18日(土)~10月17日(日)【前期】
10月23日(土)~11月21日(日)【後期】

「江戸の華 大忠臣蔵」
11月27日(土)~12月22日(水)

※展覧会名称・会期は都合により変更する場合があります

2020.11.04

清親オリジナル絵葉書を販売中です

現在開催中の「小林清親光と影」のオリジナル絵葉書をショップにて販売中です。

前期後期各6点。1枚100円です。

2020.10.25

次回展覧会のお知らせ

「光の絵師 小林清親」

前期 10/24(土)~11/15(日)
後期 11/21(土)~12/20(日)

弘化4年(1847)、江戸に生まれた小林清親(こばやしきよちか)は、江戸の木版技術を継承した“最後の浮世絵師”の一人と称されます。幕臣であった彼が、幕府崩壊後、剣ではなく絵筆で身を立てようと決意し制作した作品は、従来の浮世絵とは異なる、柔らかな光と影に包まれた西洋画のような風景でした。
本展では、彼の代表作となった「光線画」から、花鳥画やポンチ絵と呼ばれた風刺画、歴史画や美人画など、多岐にわたる彼の画業をご覧いただきます。江戸から明治・大正へと社会の大きな転換期の光と影のなかで、絵師として生き抜いた彼の作品を、清親に魅了された著名人の言葉と共にお楽しみください。

 

2020.10.11

11月~12月の休館日カレンダー

2020.10.11

次回展覧会のお知らせ

「月岡芳年 月百姿 発行135年記念」展

前期 8月22日(土)~9月13日(日)

後期 9月19日(土)~10月18日(日)

 

2020.08.18

8月~10月の休館日カレンダー

2020.07.26

今後の展覧会のお知らせ

12月までの展覧会予定が決まりましたのでお知らせいたします。

なお8月9日(日)と9月6日(日)は、ビルメンテナンスのため休館日となり、

8月11日(火)は振替休日のため休館日となります。

ご来館の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

「広重と巡る『名所江戸百景』」

7月18日(土)~8月16日(日)【後期】

 

「大蘇芳年『月百姿』 発行135年記念展」

8月22日(土)~9月13日(日)【前期】

9月19日(土)~10月18日(日)【後期】

 

「光の絵師 小林清親」

10月24日(土)~11月15日(日)【前期】

11月21日(土)~12月20日(日)【後期】

 

2020.07.06

6月・7月・8月の休館日カレンダー

2020.06.19

広重と巡る名所江戸百景

名所絵の第一人者として人気を誇った歌川広重最晩年の傑作「名所江戸百景」。
本展では、全120図という最大規模のシリ―ズを、春夏秋冬順に編まれた目録に沿って、前期・後期に分けてご覧いただきます。
ゴッホをはじめとするヨーロッパの画家たちにも愛された作品の数々。
皆様もお気に入りの一枚を探してみませんか。

2020.06.18

広重と巡る名所江戸百景(前期)

6月20日(土)~7月12日(日)開催予定です。
これに伴い、展示替えの作業を6月15日(月)~19日(金)まで行います。

2020.06.17

前のページ
1 2 3

TEL:044-280-9511

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバーク3階

ロゴ:神奈川県文化プログラム MAGCUL マグカル

この事業は、神奈川県のマグカル推進事業補助金を受けて実施しています

WEBアクセシビリティ試験結果
ページの上部へ移動する