サイトロゴ:川崎浮世絵ギャラリー 〜斎藤文夫コレクション〜

メニューを開く

臨時休館日のお知らせ

9月5日(日)は、ビルメンテナンスによる臨時休館日となります。
9月6日(月)は通常の休館日となり、ギャラリーは9月7日(火)から通常開館いたします。
 
ご来館を予定されているお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2021.08.29

2021年7月~9月の休館日カレンダー

2021.07.16

2021年7月~2022年4月の展覧会スケジュールのお知らせ

2021年7月~2022年4月の展覧会スケジュールをお知らせします。


【2021年7月~12月】

「世界に誇る大北斎展」
7月10日(土)~8月9日(月・振休)【前期】
8月14日(土)~9月12日(日)    【後期】

「国芳没後160周年」
9月18日(土)~10月17日(日)  【前期】
10月23日(土)~11月21日(日)   【後期】

「江戸の華 大忠臣蔵」
11月27日(土)~12月22日(水)

【2022年1月~4月】

「小倉擬百人一首」
1月5日(水)~2月6日(日)

「近代日本を作った鉄道絵 150周年」
2月11日(金・祝)~3月13日(日)

「今に見る江戸美人 国貞・英泉・英山」
3月19日(土)~4月24日(日)

※展覧会名称・会期は都合により変更する場合があります

2021.07.02

2021年5月~12月の展覧会スケジュールのお知らせ

2021年5月~12月の展覧会スケジュールをお知らせします。
※オリンピックの祝日移動に伴い、「世界の大北斎展」前期終了日が8月9日(月祝)まで延びました


2021.5月~12月

「奇想の天才絵師 河鍋暁斎」
4月10日(土)~5月9日(日)

「川瀬巴水と新版画」
5月15日(土)~6月6日(日)

「広重~六十余州名所図会」
6月12日(土)~7月4日(日)

「世界の大北斎展」
7月10日(土)~8月9日(月祝)【前期】
8月14日(土)~9月12日(日)【後期】

「国芳没後160周年」
9月18日(土)~10月17日(日)【前期】
10月23日(土)~11月21日(日)【後期】

「江戸の華 大忠臣蔵」
11月27日(土)~12月22日(水)

※展覧会名称・会期は都合により変更する場合があります

2021.04.16

2021年5月~6月の休館日カレンダー

2021.04.01

5月3日(月祝)は開館いたします

次回展覧会「奇想の天才絵師 河鍋暁斎」会期中の5月3日(月祝)は、開館いたします。
ぜひご来館くださいませ。

2021.04.01

2021年3月~4月の休館日カレンダー

2021.02.09

2月21日(日)は全館休館いたします

「黄金期の浮世絵師たち」前期展会期中の2月21日(日)は、ビルメンテナンスのため全館休館いたします。

ご来館を予定されているお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

2021.01.31

次回展覧会のお知らせ

多くの実力派絵師が多彩に活躍した18世紀後半。なかでも天明(1781~89)から寛政(1789~1801)にかけての約20年間は、のちに「浮世絵の黄金期」と称されるようになりました。大都市江戸の町人文化の隆盛とともに、浮世絵が大衆芸術として展開した最も華やかなりし頃。天明期に健康的な八頭身美人の群像を描いて一世を風靡した鳥居清長(1752~1815)、続く寛政期に版元の蔦屋重三郎(1750〜97)と組み、美人大首絵で名を馳せた喜多川歌麿(?~1806)、さらに役者大首絵を制作した勝川春章(1743~92)、東洲斎写楽(生没年不詳)、歌川豊国(1769~1825)らの代表作、約110点をお楽しみください。

 

2021.01.27

「新春浮世絵展」来館者プレゼントのお知らせ

2021年1月5日(火)~1月31日(日)の展覧会期間中にご来館いただきました先着200名様に2021年1~2月の「新春カレンダー」をプレゼントいたします!(※無くなり次第終了となります)
皆様のご来館を心よりお待ちしております。

画像

2020.12.26

1 2 3 4 5

TEL:044-280-9511

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバーク3階

ロゴ:神奈川県文化プログラム MAGCUL マグカル

この事業は、神奈川県のマグカル推進事業補助金を受けて実施しています

WEBアクセシビリティ試験結果
ページの上部へ移動する