サイトロゴ:川崎浮世絵ギャラリー 〜斎藤文夫コレクション〜

メニューを開く

浮世絵にみる異国

会期
【前期】2月10日(土)~3月10日(日)
【後期】3月16日(土)~4月14日(日)
【休館日】月曜日(休日の場合は翌平日)
【臨時休館日】2月18日(日)
開館時間
開館時間:11:00~18:30(入館は 18:15 まで)
観覧料
500円 (高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料)
江戸時代は、日本人が海外渡航することは禁じられていましたが、長崎出島等における交易を通じて、異国の文物や情報が常にもたらされていました。硝子などの舶来品は珍重され、浮世絵にも描かれています。遠近法や陰影法など、西洋の絵画技法を取り入れた浮絵なども制作され、新しい表現が生み出されていきました。本展では、外国人を描いた長崎絵や遠近法を用いた泥絵なども展示し、江戸の人々が触れた異国をご紹介します。

TEL:044-280-9511

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバーク3階

ロゴ:神奈川県文化プログラム MAGCUL マグカル

この事業は、神奈川県のマグカル推進事業補助金を受けて実施しています

WEBアクセシビリティ試験結果
ページの上部へ移動する